現代まちづくり塾
 

メニュー

    4月の現代まちづくり熟のお知らせ

    現代まちづくり塾/2021年4月

    1部:131 地域経営の必要性
    講義担当:三橋重昭

    開催日:417日(土)13301530
    会場:Zoom


    ■ サマリー

     田村明は都市と地域を使い分けている。

      (都市プランナー、地域プランナー、都市経営、地域経営)

      都市経営の対象は3分野。
        一つ目は、地域全体のまちづくり(地域経営)

    二つ目は、自治体行政組織

      三つ目は、自治体と市民をつなぐ関係性。

     田村の“経営”の意味は、自治体の自主性を重んじる意味で使われ、
    それはよく“行政”と対峙される。

     企業経営志向だが、自治体経営との違いは敷衍している。

     これは、自治体は、「市民の政府」であるべき主張とも
    関係している。

     地域経営とは具体的にどういう内容か。

     地域経営=まちづくりの必要性は、田村が力説する
    ポイントの一つ。
     

     皆様から学ぶことは多いと思います。

     どうぞよろしくお願いいたします。

     

    三橋重昭

    <補>

          定例会前日の16日(金)までに、

    資料とzoom配信の招待状をお送りさせていただきます。

          参加希望者は、次のメルアド(hirokokawasaki.g@gmail.com)                      
    あてに参加表明のメールを415日(木)17までにお送りください。