現代まちづくり塾
 

現代まちづくり塾とは


平仮名の「まちづくり」を広め、「市民の政府」を提唱した田村明さんは、市民も常に学習し成長することが大事だと考え、現代まちづくり塾を開きました。

2002年9月の第1回以来、毎月第3土曜日の午後、都市やまちづくりに関するさまざまなテーマについて田村さんが講義し、講義の後の率直な議論を田村さんも塾生も大いに楽しんだのでした。

田村さんは2010年1月に亡くなられましたが、その後も現代まちづくり塾は「市民みずからが都市やまちづくりについて学ぶ場」として継続しています。 現在の塾は、田村さんの残された講義プログラムに基づく第一部「講義」と、自分のテーマについて話す第二部「話題提供」を、それぞれ塾生が交代でおこない、それについて参加者全員で討議し、討議を手掛かりに発表者がさらに内容を深めることによって成り立っています。

参加資格はありません。都市やまちづくりに興味のある方、取り組んでおられる方の参加をお待ちしています。